カテゴリ:旅行( 8 )

スリランカ紅茶紀行☆vol.4

お菓子・紅茶研究家Nami☆です♪皆様。ごきげんよう(^^)


ヌワラエリヤのもう一つのお宿は、
幾多の賞を受賞しているホテル☆
HERITANCE TEA FACTORY HOTEL☆
山の頂上にみえてきました!

このホテルは、文字通り、
紅茶工場だった建物を改装したホテルで、
紅茶好きにはたまらないホテル!

d0126550_19292195.jpg
ホテルへ着くと、
紅茶を摘むタミルの人々の信仰は、
ヒンドゥー教による歓迎の儀式☆
お砂糖、カルダモン、アニスを口に含みます☆

ホテルには、ティーバーもあり、
なんと、そこには、あのジェームズ・テーラーが!!!(笑)
人形ですが、結婚後に男の人と手を組むなんて初めてで罪悪感(笑)
でも、今回、このジェームズ・テーラーさんのおかげで、
ここまで来れました♪
d0126550_19352970.jpg
山の頂上のようなところにあるホテルですが、
施設、サービス、食事もすばらしく、
また、紅茶のテーマパークのようでもあり、
様々な旅行サイトでの高評価に頷きました☆

なっちゃん、みーちゃんも、このホテルがいたく気に入った様子☆
色々、面白かったですしね(笑)

翌朝は、早く起きてしまったし、
綺麗だという夕日を見逃したので、
とても寒かったのですが、ウィンドブレーカーを着て
ホテルの外へ…

そうしたら、見たこともない空の色…
目の前の雲海が、間もなく姿を現す太陽の光で
オレンジに輝き、上を見れば紺碧の空…

まるで宇宙にいるようでした…


強い風により、
雲のたなびきがどんどん変わって行く様子も綺麗でしたが、
寒いので中へ入ろうとしたその時、ご来光が!!
d0126550_19353747.jpg
この美しい色のコントラストの中から、
眩い太陽の姿が現れたのを目にした時、
感動のあまり、涙が止まりませんでした…

あまりに壮大で美しい光景に宇宙を感じ、
今、スリランカの地にたっていることを超えて、
私と言うひとつの魂が人の形をしてこの地球上に立っていること、
宇宙に存在していることを五感で感じたような感じでした。

その衝撃からか、
ブッダの「人身受けがたし、今すでに受く」
(人に生まれることは難しいのに、
もう既にその恩恵にあるではないかという意味)
という言葉が聞こえたような気がして、
太陽に、宇宙に、全てに感謝したのでした…

そんな話を帰って生徒さんにしたところ、
「先生、ついに悟りの境地に到達されたのですか!」
仰るので笑ってしまいましたが(笑)
それはまるで、神様に会ったかような経験でしたし、
なんだか、パワーUPしました(笑)

そうして朝から神秘的なパワーを授かった4日目は、
ガイドさんお勧め☆MACK WOODS
LABOOKELLIE TEA CENTERへ♪
ガラス越しに工場見学できるミュージアムなど、
観光客向けの施設があり、観光客でにぎわっていました☆

そして、そのミュージアムで私、通訳をすることに(笑)
d0126550_19354563.jpg
その、今回同行の現地ガイドさんが本当に面白くて(笑)
丁度、他の会社から引き抜きの話がきていたとかで電話が忙しそう(笑)
ウバのティーファクトリーでもガイドさんが電話にでていたので、
私がなんとか通訳してたら、英語大丈夫と思われたらしく(笑)

「センセイ、きのうと同じ紅茶工場だし、英語ダイジョウブネ!」と、
このミュージアムでは、通訳丸投げ(゜゜)されてしまいました(笑)
まあ、確かに、紅茶の製造工程の話で、分かることでしたが、
まさかの通訳初体験(笑)いい経験させて頂きました。

午後は再びコロンボへ到着☆
一番発展しているセレブなエリア☆
目指すは、DILMAHディルマのティーラウンジ♪

こちらでは、スリランカ伝統のヤーラティーを頂きました♪
d0126550_19360218.jpg
店長さんは、ガイドさんとパパ友で、
同じく日本にいた経験もあり、日本語お上手でした!
と言う訳で、ケーキサービスして頂いちゃいました♪

ちなみに、キッチンのカラフルな壁は全て紅茶缶☆
DILMAHは日本でも見かけますが、
この紅茶缶や日本にはないフレーバードティーもあり、
買いが進みましたね(笑)

その後もショッピングなどを楽しみ、
(スリランカの名前の由来である宝石も♪)
スリランカ最後の夜はRAJA BOJUNというレストランで、
スリランカの”王様の食事”を楽しみました。

そこで、みなさんと今回の旅を振り返りましたが、二人とも、
どこも楽しくて感動も多くて最高の旅だったとのこと☆
でも、それはそれぞれ1年間紅茶を学んでいたからこそ!
ですから、今回「知識は感動のためにある」
ということを私も含め実感しました。

また、生徒さんが
「この感動を伝えようとしても、
この感動をそのまま伝えられないのが悲
しいというので、

「この感動は言葉では言い表せられないけれども、
今回、ここでこうして経験したことは、自分の血肉になって、
ふとした時に説得力ある言葉や行動になって表れるもの。
そうした時、人は「いい経験したんだな」って何かを感じてくれるよ。」

「だから、こうして一歩出してスリランカまできたこと、
こうした自ら学びある経験をしたということは、
人生において、幸せな変化をもたらしてくれるよ。」


なんて、自分の経験を思い起こしながら前を向いて語っていて、
ふと横をみたら、二人とも泣いているし~(T T)(T T)(笑)
とにかく、2人にとっても最高の旅となったようでよかったです!

私もまさか、
自分が先生として生徒さんを引率して海外へ行くなんて、
数年前は考えもしなかったこと(笑)
そう思うと、非常に感慨深くもあり、本当に実りある経験ができました。
素晴らしいガイドさん、協力してくれた家族にも感謝です。

まだまだ、書きたりないくらいですが、
ひとまず、紅茶紀行はここでひとくぎりとしたいと思います。
輝く島スリランカと、
この素晴らしい旅でかかわった全ての人、全ての物に感謝をこめて☆


[PR]
by timote24 | 2014-10-01 22:47 | 旅行

スリランカ紅茶紀行☆Vol.3

お菓子・紅茶研究家Nami☆です♪皆様ごきげんよう(^^)

前日は、もう暗くなってしまってから、
ヌワラエリヤに到着しましたので、
ホテルの外観が分からなかったのですが、
こんな素敵な建物です♪

イギリス風庭園も見どころというので、朝はお庭をお散歩♪
紅茶を美味しくする、霧もみられましたよ♪
でも、ヌワラエリヤは標高1200~2000mですので、
寒い~(><)夜は暖房をつけた程でした!
d0126550_14235782.jpg
歴史ある素敵なイギリス風の洋館の前ですから、
ワンピースを着て写真に収まりたかったところですが(笑)、
寒いし、その日は茶摘みもするので、ジーパンルック♪

と言う訳で3日目は、
朝食の後、ヌワラエリヤの反対側にあるUVA ウバへ☆
ヌワラエリヤもウバもハイグロウンティーの産地ですが、
私たちが訪れた8月はウバのクオリティーシーズン!
是非とも、世界三大銘茶のクオリティーシーズンティーを
その場で飲みたい!とウバまで足を延ばすことに☆

ヌワラエリヤから1時間ほどだったかしら…
ヌワラエリヤの方がリゾート地として栄えていますが、
ウバ周辺は何もありません…
紅茶はヌワラエリヤよりウバの方が有名ですけれども。

そうして到着いたしましたは、HELPE WATTA TEA FACTORY☆
工場内は茶葉のいい香り!思わず深呼吸!幸せ☆
まるで紅茶の中に入ったようでした…
d0126550_14240725.jpg
はるばる日本から娘さんたちが紅茶の勉強に
ウバまできたということで、
会長のSILVA氏が、直々に工場内を案内☆
それはそれは、熱心にご説明くださいました!!

また、向上の最上階はお茶が頂けるようになっていて、
テイスティングと、お茶を楽しみました♪
ウバでウバを飲んで感動(T T)
d0126550_14241766.jpg
とにかく、美味しい紅茶の産地は、
眺めがいい、空気がいい、そして、風がいい!!
レッスンでも”風”という言葉がでてきますが、
その風を実感できたことが幸せでした。

本当に、キャンディもヌワラエリヤもウバも
風の谷のナウシカの風の谷のように、
ずっといい風が吹いていて…それがとても印象的でした。

最後に、茶園で働くタミル人女性のみなさんに、
茶摘みを教わり、お茶摘み体験♪
d0126550_14242771.jpg

一緒に写真を撮った後、
写真を見て照れるタミル人女性の方の笑顔が何とも純朴で、
心打たれました…

そうして紅茶を深く学び、現地のひととふれあい、
素晴らしい時間を過ごすことができ、
ウバでも感動と感銘をお土産に去ったのでした☆

その後は、紅茶列車が見えるホテルで昼食をとり、
(私たちは見られませんでした)
再びヌワラエリヤへ戻って、
昨日行く予定だったグランドホテルのアフタヌーンティーへ☆

アフタヌーンティーなのですが、
どうやら、植民地であったところでは、
アフタヌーンティーに相当するものハイティーといい、
本国イギリスのそれとは違います。

d0126550_14243942.jpg
と言う訳で、
メニューは、アフタヌーンティーと同じ、
サンドウィッチ、スコーン、それから、
イギリス伝統のケーキ、バッテンバーグケーキなどが並んでおりました♪
カレー風味のブッシェがあったのは、スリランカらしさかしら?
どれも、お教室で再現できますね☆
今度みんなで再現してみます?(^^)

とにもかくにも、ミルクティーのおいしいこと!
このグランドホテルのティールームはディルマでしたので、
後にコロンボにあるディルマのティールームへ行ったとき、
同じ茶葉を買いました♪

ゆっくりアフタヌーンティーを堪能した後は、
ヌワラエリヤにあるもうひとつの泊りたかったお宿へ~☆

Vol.4へ続く♡
スリランカ紅茶紀行Vol.4

[PR]
by timote24 | 2014-09-24 15:22 | 旅行

スリランカ紅茶紀行☆Vol.2

お菓子・紅茶研究家Nami☆です♪皆様ごきげんよう(^^)
今回は、スリランカ紅茶旅行記その2です。

キャンディーにあるティーミュージアム→昼食の後は、
紆余曲折ありまして(笑)、
ヌワラエリヤではなく、再びキャンディーの山奥へ(笑)

奥へ行くほど、
ヒンドゥー教を信仰するタミル人の人々が多く暮らしており、
ヒンドゥー教の寺院などもみられ、神秘的な雰囲気・・・

現地ガイドさんも、
これから行くところは、案内するのは初めてだということで(!?)
道行く人に、道を聞き聞き辿りつき…(笑)

そうして、到達いたしましたは、
LOOLE CONDERA (ルーラコンデラ)茶園☆
ここは、James Tailor(ジェームズ・テイラー)が築いた、
セイロンティー発祥の地☆
まさに紅茶の聖地☆
d0126550_13220330.jpg
エリア内に入ると、金色のお猿さんが、お出迎え☆
とにかく、ガードレールもない、急な山の斜面の細い道を、
マイクロバスで上がっていくのですが、そのスリルといったら!(笑)
おっかないやら、楽しいやら、もうワクワク!(笑)

そんな感じで、もう車では行けないというところまで上り詰め、
車を降りて、徒歩で少し登っていくことに☆

車を降りると、少し寒いくらいの涼しく澄んだ空気に、清々しい風…
私たち以外、誰っ一人もいない、この広大な茶園には、
風のおとと、野鳥の声が響くのみ…

経験したことのない静寂に包まれ、
まるで、木々の間から神様か天使がでてきそうな、
その神秘的な光景
に、みな言葉を失いました…
d0126550_13222886.jpg
後から、他の茶園も色々行きましたが、
このルーラコンデラ茶園は、別格といいましょうか、
何かが違いました…
パワースポットといいましょうか…本当に聖地という雰囲気です…

写真で見ると、普通の茶園なので、
ルーラコンデラについては、
その神秘的な空気と美しさはなかなか感じて頂けないかもしれませんが、

旅の最後、生徒さんたちに
「どこが印象深かった?」と聞いたら、みな、
「ルーラコンデラ!」と意見一致したほど…

そして、しばし歩みを進めると、
”テイラーズシート”と呼ばれる場所が!
ジェームズ・テイラーが座って眺めたという、
本当に見晴らしのいい、素晴らしい眺めのスポットです☆
(後ろは崖・・・)
d0126550_13224314.jpg
その近くには、
ジェームズ・テイラーが茶園を築いた時からあるという、
樹齢140年以上の、茶の木発見!
(帰りに出会った、ここで働くタミル人のおじさんに確認済!)

そう、レッスンでもお話していますが、
椿科のお茶の木は、放っておけば高く高く伸びていくのです☆
私も、高さ5m以上になるお茶の木を初めて目にして感激☆
気分は”ミステリーハンター”です。(笑)

そして、さらに行くと、ぱっと平地が開け…
ジェームズ・テイラーのバンガロー跡地が出現!
テイラー氏が紅茶の栽培に関する研究をしていた場所…

本当に、斜面から、いきなり平地が現れ、
その奥は大きな岩壁がせりたっていて、
なんだか、モーセが十戒を授かった場所のようなイメージでした…

しかも、そこには、古くからある石板ならぬ、石本が!
その本には、ジェームズテイラーの生涯が書かれておりました。
d0126550_13261339.jpg
スコットランド出身の、ジェームズ・テイラーが、
初めてルーラコンデラにを踏み入れたのが、17歳の時。

そして、紅茶の栽培を成功させ、茶園を築いたのが、
1867年32歳の時…

このルーラコンデラは、いわゆる観光地ではありませんし、
私たちも、行くのがちょっと大変だったのですが(笑)
19世紀の初めに、よくこんな(険しい)ところへ来て、
こんなところに留まって、紅茶の研究をしたなあと…

毎年毎年『スリランカ産紅茶』のレッスンで、
ジェームズ・テイラーさんがルーラコンデラでお茶の栽培に成功した
話をしていますが、

その偉業たるや、壮絶なものだったのだと、
初めての様に知らされ…
本当に、感動以上の思いでした…

そして、今回のスリランカ、ルーラコンデラを訪れたのは、
ジェームズ・テイラーに導かれたのだと、

確信のように思えてなりませんでした…

さて、その神様がでてきそうな、聖地を後に、
そこから、さらに標高が高いヌワラエリヤへ!
ルーラコンデラも寄りましたので、
予定より遅くなりましたが、丁度お夕食タイムに到着☆

ヌワラエリヤは、紅茶も有名ですが、
英国人が切り開いた避暑地で、
リトルイングランドとも呼ばれる、英国の風情ある高級リゾート地☆

その代表ホテルともいえる、由緒ある高級ホテルは、
にNUWARA ELIYA GRAND HOTELにステイ☆
午後はややサバイバルでしたが(笑)、
一転して、夜はちょっとドレスUPして、
生演奏の中で美味しいディナーを楽しむエレガントな時間☆
d0126550_13270406.jpg
お二人はお酒が飲めないというので、
スリランカのジンジャービアをご馳走してカンパイ☆☆☆
(ビアといってもノンアルコール。つまりはジンジャーエールのこと!
 スリランカの名物的な飲み物といっていいかも!)

こちらのホテルは、
イギリス植民地時代、スリランカ総督の別荘でしたので、
正真正銘、英国コロニアル様式☆
家具も、調度品も、数々の待ち会い部屋も素晴らしく…
特に私はカップボードに飾られた、
アンティークのシルバーポットにもうっとり~

とても素敵な場所だから、素敵に撮ろうと、
昔モデル事務所で教わった私の怪しいポージング講座をしながら、
生徒さんと記念写真も撮ったり、楽しい夜でした(笑)

Vol.3へつづく…

スリランカ紅茶紀行Vol.3

[PR]
by timote24 | 2014-09-17 15:00 | 旅行

スリランカ紅茶紀行☆Vol.1

お菓子・紅茶研究家Nami☆です♪みなさま、ごきげんよう(^^)

2014年8月☆
記念すべき10カ国目は、スリランカとなりました☆

お教室も7周年☆紅茶の修了生さんも多くなりましたし、
なみ先生と行く♡スリランカ紅茶の旅』として、
JTB主催のオリジナルツアーを企画☆

という訳で、昨年、紅茶レッスンを終了された生徒さんは、
なっちゃん&みーちゃんと♡
スリランカのハイグロウンティーを巡る紅茶旅へ行って参りました♪

お天気にも恵まれ、
本当に写真も感動も思い出もたくさんのよき旅となりましたので、
数回に渡って更新できたらと思っております。

1日目
早朝、中部国際空港から成田へ☆
今回利用したスリランカ航空はJALとの提携便ということで、
成田での待ち時間、とっても素敵なエグゼクティブラウンジでまったり♪
お昼に搭乗して、およそ9時間でコロンボ国際空港に到着!
d0126550_19172076.jpg
スリランカ航空のCAさん、キレイ☆
それから、空港もキレイでしたよ☆
5年前に内戦も終わって平和になって、観光にも力を入れ出したそう☆

また、空港では大きなブッダがお出迎え!
仏教色が強いので、タイに似た雰囲気を感じました。

現地時間夜11時に着いたので、
そのままネゴロンボ市内にある、現代的で素敵なGATEWAY HOTELへ☆

2日目
朝食ヴァッフェも豪華な事☆
洋食はもちろん、スリランカのカレーもスープも沢山で、
この時は何を選んでよいものやら…
d0126550_19173697.jpg
とりあえず、カレーとナンのようなものと、
大好きなチャツネをとりましたが、
スリランカはご飯が主でナンはなくて、
私の取ったものも、サモサを平たくしたようなものでした。

お食事も終わり、準備が整ったら、
目指すはKANDY(キャンディ)、
そして、NUWARA ELIYA(ヌワラエリヤ)へ!
名古屋から松本、上高地を目指す感じ(笑)ですから、
3、4時間のドライブです!

町は、車、オートバイ、三輪自動車とさまざま!
道はアスファルトですが、
コロンボ市内を出ると、道はあまりよくないのと、信号がない!
追い越しもOK、息のあった譲り合い(笑)

車窓からは、町のにぎわいから、
農村風景に変わり、いたるところに、
ヤシやマンゴーやドリアンの木など、トロピカルフルーツ☆

日本ではみられない、
犬は犬らしく、牛は牛らしく、人は人らしい生活を営む風景
に、
感銘を受けながら車窓を楽しんでいると、
再び賑わいが感じられ…
d0126550_21581320.jpg
古都、KANDYに到着☆
スリランカ7大紅茶産地のひとつでもあります。

そして、都心から少し山に入ったティーミュージアムへ☆
すると、茶畑が広がって参りました。
実際のKANDYの茶畑を目にした私の感動といったらありませんでした。
また、KANDYは、今回お世話になったガイドさんの地元ということで、
ミュージアムの案内係のおかあさんもお友達とのことでした(^^)

ミュージアムでは、
製造に使われてきた機械や、
セイロンティーの父と呼ばれるジェームズテイラーの
愛用の品々等々、貴重なセイロンティーにまつわる物がみられました。
d0126550_19175021.jpg
上層階は、ティールームになっていて、テイスティングやお茶を楽しみました。
KANDYでKANDYを飲んでいることに感動(T T)☆
中産地になりますが、涼しくて清々しい風が気持ち良い場所でした☆
d0126550_21582457.jpg
ミュージアムを後にし、
KANDYの街を一望できる展望台で祈念撮影♪
アロイというお店でスリランカ料理を楽しんだあとは、
(アロイはタイ語で美味しいですが、スリランカ料理でした(笑))

ヌワラエリヤへ!行くはずだったのですが・・・
つづく(笑)

スリランカ紀行その2


[PR]
by timote24 | 2014-09-10 22:33 | 旅行

Wonderful Thailand~タイ紀行~

みなさま、ごきげんよう(^^)

先日は、久しぶりに日本を飛び出し、
弟夫婦が住むタイは、水の都バンコクへ行ってきました♪

昨年、その弟の結婚式でタイへ行く予定でしたが、
洪水のため、渡航を断念・・・という訳で、念願のタイ訪問でした♪

今回、このタイミングで渡航したのは、夏に甥っ子が生まれたから~☆
首もすわって、少しは落ち着つくこの時に、お祝いのご訪問♪

という訳で、甥っ子ちゃん、弟夫婦、タイの義妹家族に会い、
Happy Timeを過ごして参りました♪
d0126550_2233424.jpg
ろうろうと流れるチャオプラヤ川を中心に街が展開するバンコクは、
まさに水の都というにふさわしいところでした♪

目的は甥っ子ちゃんに会うことだったので、寺院めぐりなどはしませんでしたが、
バンコク市内でショッピングを楽しんだり、
水上マーケットへ行ったり、パームシュガー作りを見たり、
タイを満喫して来られました♪
d0126550_2234698.jpg
また、タイ舞踊をみながら、タイ料理のフルコースをいただいたり、
タイグルメもしっかり押さえましたよ♪

私は、ハーブ&スパイス大好きなので、どれも美味しかった~♪
やっぱり、ゲーン・キャオ・ワーン(グリーンカレー)が一番好きかな♪

それから、私の関心事であるスウィーツやお茶も調査できました!(笑)
d0126550_22343262.jpg
そして、私がタイのお土産にと是非購入したかったのは、
タイの高級磁器であるベンジャロン焼のティーセット♪と、
そして、タイシルクはジム・トンプソンのお生地♪

ベンジャロン焼のお店は少なくなっているそうなのですが、
窯元直営の専門店に辿りついて、本物のよいお品がGETできて嬉しかった♪
ブルーの可愛いティーセットに一目ぼれ♪

ジム・トンプソンの生地は、メーター買いしたかったので、
ジム・トンプソンのアウトレットへ♪
ビル4階にわたってある、沢山の生地から選ぶのは大変でしたが、
ゴールドの光沢をもつ、エメラルドのタイシルクにしました♪
d0126550_22345782.jpg
もう、満足のいくお買い物ができて、幸せ♪♪♪
やっぱり、私が興味あることは、ところ変わっても変わりませんでした(笑)
今後は、自宅でタイの素敵なティータイムも楽しめそう♪(^m^)

今や家族&親戚のいる土地ですから余計ですけれども、
タイはとっても素敵なところでした♪
また行きタ~イ♪

タイの皆さんまた会いましょう!お元気で☆
[PR]
by timote24 | 2013-11-14 15:00 | 旅行

夏の軽井沢でティータイム♪

残暑お見舞い申し上げます!
久しぶりに軽井沢へ行ってきました♪
秋に八ヶ岳界隈へはよく参りますが、夏の軽井沢は久しぶり♪

今回は、万平ホテルを拠点にして、
旧軽(旧軽井沢)をお散歩♪
お天気よかったのですが、とても涼しくて気持ちよかったです♪
d0126550_2023537.jpg
まず、その万平ホテルのレストランでランチ♪
私は厳かでクラシックな感じが大好きなので、
この空間はとても癒されます♪
また、窓から望む、避暑地らしい風情のお庭と、その緑にも癒され~
d0126550_20264769.jpg
それから、レストランオリジナルの、すずらん柄のNoritake食器が、
またなんとも涼しげでかわいらしくって・・・
すずらんの花言葉は『幸福の再来』『純粋』ですって☆
バラもいいけれど、すずらんが似合う人も素敵ね

さてさて、お食事のあとは、
タクシーで旧軽銀座をゆっくり抜けてアウトレットへ♪

そのタクシー乗車して間もなく、ふと後ろを見ると、赤いオープンカー
その助手席には元○○大臣がΣ(・ω・ノ)ノ!
プライベートは粋なおじい様でした(///∇//)

そして再び万平ホテルへもどり、人気のカフェテラスで、ティータイム♪♪♪
お取り寄せファンも多い、チーズケーキをオーダー(^-^)/
d0126550_20275574.jpg
昔ながらのチーズケーキですが、
上質のクリームチーズが贅沢に使用されている感で美味しいの♪
くるみが入っているところが、長野らしいと感じます♪
あと、もものかき氷もオススメ♪

さわやかな風と美しい緑、素敵な別荘をみていると、
スローライフに憧れてしまいます~(*^o^*)
でも、そうした場所を散歩するだけで、
ゆったりとした素敵な時間が過ごせました♪感謝☆

8月も早後半!
無理せず体調に気をつけて、この夏を元気に乗り切りましょうね(^^)
[PR]
by timote24 | 2011-08-16 20:24 | 旅行

加賀&氷見の旅♪

みなさま、こんにちは(^^)
今日は、振替でお菓子レッスンがありましたが、
先週末に行った旅行のお話をUPしたいと思います♪

先週末は、義母も誘い、家族で、
北陸は石川県の加賀温泉郷と、富山県の氷見漁港を旅して参りました♪

美しい敦賀湾や、加賀の“日本元気劇場”を散歩し、加賀温泉郷へ♪
お宿のお部屋は、露天風呂付きで大満足でした☆☆☆
大浴場もよかったのですが、
青い空と海を眺めながら、一人お風呂に浸からせてもらえて、
身も心もほぐれにほぐれました~♪♪♪
d0126550_19554276.jpg
美味しい北陸の幸が堪能できるお料理のあとは、
お部屋で花火鑑賞☆☆☆
d0126550_19562822.jpg
間近で見る花火に、娘も大興奮でした♪

明けて昨日の日曜日は、
富山まで足を延ばして、氷見漁港近くの道の駅へ♪
d0126550_19571188.jpg
海鮮料理に、“夏牡蠣”ともいわれる、
今が旬の“岩牡蠣”をその場で開けてもらってペロリ♪
普通の生ガキは、そんなに好きではないのですが、
氷見の岩ガキは、生でも本当に本当においしくて、
こんな美味しい生ガキは初めてでした~!!

という訳で、
ミネラルたっぷりの温泉につかり、
栄養満点で美容にいい岩ガキも食べて、元気タンク満タン(^^)vになりました♪
北陸最高です~☆

素敵な旅ができたことに大感謝☆
こうした人を元気にしてくれる自然の恵みが、いつまでも恵みとなって、
人々にもたらされますように・・・
[PR]
by timote24 | 2011-08-08 20:08 | 旅行

京都散歩☆

週末は思い立ったように、かなり久しぶりになる京都へ☆
気の向くままに清明神社へ行ってきました☆(呼ばれた?)
結構、神社好き(^^)
d0126550_2021635.jpg

ご清明神社といえば、陰陽師☆
TV化されるよりもずいぶん前に、
夢枕獏原作の陰陽師にハマッていたことがありましたわ(^^)
絵がとても綺麗だったので☆
あれは、漫画で読む方が断然面白いですね!!

清明が湧出させたという写真の井戸のお水で、
千の利休は最後のお茶を点てたそうです。

そして、京都へ行ったら訪れたかったお店は、
パティスリー カナエさん♪
d0126550_20230100.jpg

マカロンのウェルカムボードが可愛かった♪

その日も暑かったのでサクっと散策しただけですが、
楽しかったです♪
またちょくちょく行きたいな♪
[PR]
by timote24 | 2010-09-13 23:08 | 旅行